サービス付き高齢者向け住宅の役割と未来

サービス付き高齢者向け住宅は2011年の「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正で制定された、新しい住宅の制度です。

それまでは高齢者専用賃貸住宅、略して「高専賃」などと称されていた高齢者向けの住宅の基準を統一化して、高齢化社会に適応した安心して生活できる住宅の整備を目的としています。賃貸住宅でありながら不動産業界以外の事業者も注目している理由は、家賃収益だけでなく、医療、介護、生活支援の収益が見込まれることにあります。


実際に医療機器メーカーがサービス付き高齢者向け住宅を運営している事例があります。

このサービス付き高齢者向け住宅では賃貸住宅に訪問介護サービス、訪問看護サービス、居宅支援事業など、介護保険法の介護事業を展開することによって、複合施設としての意味合いを持たせた住宅になりました。

同時に地域密着型の介護事業を展開することにより、その地域の社会資源としての意味合いも持たせました。

サービス付き高齢者向け住宅を事業として成功させるには、どんなサービスを付加価値として与えるか、という部分が不可欠です。


医療・介護は言うまでも無く、問題はいかに生活支援サービスを高齢者に提供できるか、という部分が各事業者間に大きな差をつけることになります。

つまり、事業として考える場合は、必要最低限の医療・介護サービスは当然ですが、どんな種類の生活支援サービスができるか、という部分が他社との差別化のポイントになります。
具体的には食事サービス、娯楽サービス、交通サービスなどが挙げられます。

この部分が充実している事がサービス付き高齢者向け住宅事業成功のポイントと言えるでしょう。

逆に利用者の立場として考えた場合にも、生活支援サービスの確認は大きなポイントになってきます。自分が生涯をそのサービス付き高齢者向け住宅で過ごすと考えた場合、食事の選択がどの程度あるのか、娯楽の自由性はどうなのか、そもそも賃貸住宅として交通の便がどうなのか、将来足腰が弱くなった時にも外出し易い環境にあるのかということは、考慮すべきポイントです。これらのポイントを考慮したサービス付き高齢者住宅が日本各地に誕生することによって、新しい高齢化社会のあり方を実現することができると同時に、我々自身も生涯をいつまでも幸せに過ごすことができると確信しています。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/sus/shitei/kaigoshisetsu/kyokai.htm
http://www.osaka-kangokyokai.or.jp/
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000005.html

介護付き有料老人ホームの情報をあなたにご紹介いたします。

福岡のサービス付き高齢者向け住宅が有名になってきました。

デイサービスの開業の情報を利用しない手はないです。

江東区の看護の情報を得られます。

福岡の老人ホームについて考察してみましょう。